ズバリ仕事論をメインにしたブログ


by liberty136

適度と過度のあいだ

就職活動でどんどん忙しくなってくると、急にやりたいことが増えてきます。これは誰でも同じ。よく、テスト期間に入ると、普段まったく興味のなかったことに興味がわいてきたりすることと同じです。人間、何かに追いつめられると、無意識にそのプレッシャーから逃れる方法を模索するということがあるようです。大人になると、その逃げ場が、男性だとアルコール、女性だとショッピングなどに向かうことはよく知られています。これがほどほどの線でいくと、いい気分転換になって、プレッシャーを緩和する方向に向かうわけですが、度を超えると中毒的な方に向かってしまう危険もあるのです。「逃避」とか「昇華」とか「代償」とか、心理学的な学習ではこうした心のメカニズムについて説明してくれますが、現実問題としてはアル中やカード地獄をどうするかという生々しい問題につながってくるわけですね。倫理って生き方の問題を考えることなのですが、本当はさらに現実問題への対処というところまで考えていかなければなりませんよね。社会人や大人になるってことは、実にリアルな世の中の現実と直面することなのですから。その意味で、社会や人間の闇について触れていくことも、今後の倫理に課せられた大きな使命だと思います。「適度な気分転換」が「想像を超える事態」に発展してしまうメカニズムを教えられれば・・・
[PR]
# by liberty136 | 2009-07-03 22:22 | 倫理的な仕事論
liberty高校のトイレが随分ときれいになったらしいですね。ネットで見たら「ホテルなみのトイレ」なんていう書き込みもありましたからね。今度行った時には、ぜひともしっかり検証してきましょうか。やはりトイレがきれいっていうのは重要なファクターですね。その昔、某夜間高校では毎日トイレの壁に穴が開けられていて、放課後になるとベニヤ板を切って貼り付ける仕事が行われていたそうです。職場でも同じでしょう。ゆったりトイレの職場環境と、狭くて汚いトイレ環境だったら、仕事の能率にも大きく影響がありそうです。最近、多摩地区の人の流れは明らかに「八王子」から「立川」にその中心が移っています。駅のトイレを比べると、さもありなん。「街の発展や駅の繁栄にはトイレが重要ファクターである」ということを検証してくれる人はいませんかね。その線でいくと、トイレがゴージャスになったliberty高校はいよいよ大発展の時を迎えるというわけでしょうかね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-07-02 22:11 | Liberty高校関係

「自遊人」のすすめ②

「自遊人」とは、自由気ままに生きる人のことではありません。自分の判断で、自分の責任で、自分の生活や仕事を楽しむことができる人のことを言います。つまり、人から指図されて嫌々動いたり、仕方なく組織の命令に服従したりすることがない人間のことを私はそう呼んでいるわけです。職人や専門職の人には自遊人が少なくありません。自遊人は意味もなく人と群れたり、集団にただ従うということが苦痛です。彼らは何より、自分の判断によって行動することに大きな価値を置いています。組織人の中にも稀に自遊人は存在します。集団に帰属しながらも、そのなかで適度な自立性と遊び心を発揮する術を心得ている人がそうです。ただ、これはなかなか難しいことです。今の私はどうみても不自遊人でしょうね。これから、何とか自遊の精神を発揮してやっていけるように日々の工夫が必要です。まずは超多忙であっても、その多忙さにドップリつかることなく、常に遊びやゆとりの部分をもてるようにしたいものです。逆に自由な時間がありすぎて、やることが決められない、行動に移れないという不自遊人もいるわけですからね(こうした時代も実は人生には必要だったりしますが)。
[PR]
# by liberty136 | 2009-07-01 23:08 | わたしの仕事論
新入社員の人にとっては、大きな1つの区切りとなる3カ月が過ぎましたね。仕事論などを書いている人のお話だと、3か月やり通せれば、なんとか3年は大丈夫ということのようですから、就職して色々な悩みをかかえてきた人たちも、何とかこのペースで3年先まではいけるのではないでしょうか。私もそうでしたが、現実的に3年くらいやってみると、今の仕事の未来像が描けるようになってきます。そこで、「このままではまずい」と感じるか、「このまま続けていこう」と考えるかが、1つの分岐点であるような気がします。保険屋の仕事の時は3年目には「このままいくのはまずい」という感じが強かったし、教員3年目の時は、まあliberty高校でしたから「このまま楽しくいこう」と考えていましたね。実際、転勤のある仕事だと、その時々の人間関係や置かれた環境に大きく左右されることも仕方ないことではありますが…。それでも、3年我慢してイヤならば、スパッと切り替えた方が得策でしょう。私自身も、現在の仕事が3年以上続いたら、「?」なのかもしれませんからね。そこで皆さん、私と同じように、3年論を自分自身の実体験として検証してみるのはいかがでしょうか!?
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-30 21:28 | 新入社員の仕事論

「自遊人」のすすめ①

高校を卒業してすぐに上京し、一人暮らしが約10年、結婚して約10年と、計20年の年月が過ぎましたが、この間のほとんどの時期を私は「自遊人」として過ごしてきたな~と改めて思います。現在のような本当に仕事にがんじがらめに束縛される生活は、これはこれで「非自遊人」の暮らしを理解する上でとても勉強になりますね(これが自分に10年続くとは思えませんが…)。これまでは、自分の思いに忠実に、または我流に、ある意味で個人商店的な働き方をしてきたように感じます。大学時代はもちろん自遊な生活でしたが、学校でも、やりたいように部活の指導をやる、やりたいように学級運営をやる、やりたいように生徒指導をやる、家庭でも、やりたいようにライフスタイルを組み立てる、というように束縛されることなく自遊に何でもできる環境に恵まれていたことに今ではとても感謝しています。私の考えでは、世の中には絶対に何割かの「自遊人」が必要です。時に彼らはフリーターになっていたり、無職だったり、自営業だったりするわけですが、いわば、はみ出し者的な気楽さと、異端の発想、行動の身軽さという点で大きな意味をもつといえるでしょう。自遊人をめざせとは言いませんが、たまには非自遊人の暮らしから離れて、ふらっと旅に出たりするのも、精神衛生上重要なことですね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-29 22:03 | わたしの仕事論
就職活動を繰り返していると、本当に自分がやりたい仕事って何なのか、どんどん深みにはまるかのように分からなくなってくる人も多いでしょう。実は誰でも同じです。多くの社会人に聞いてみると、ほとんどの人は行きたい会社というよりは、受かった会社に勤めているという現実が見えてきます。実際、大学生は社会人あるいは会社人としてのリアルな現実を想像しながら、真剣に就職活動を行っているはずですが、大学生の立場から見える社会や会社の姿なんてたかが知れています。特異な才能をもっていたり、自活できる十分な蓄えがあるのでない限り、とりあえずでもいいですから「就職」をしてみた方がいいですよ、と最近は随分と保守的なアドバイスをしている自分がいます。実は、今の社会状況をみると、大卒時に就職の機会を逃したり、最初の段階でフリーター的な仕事を選択してしまうと、そこから逃れるのが極めて難しいという現実があります。最初は就職してみる、でも我慢できなければ3年で辞める。そのスタンスでも構いませんから、まずレールに乗ってみるというのも決して悪くない選択だと思いますね。人生には、流れに乗ったり、身を任せたり、少し冒険したり、決死の覚悟でもがいたりと様々な場面があるはずですから、就活時に人生最大の転機が訪れるという人は実はそう多くはないはずです。
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-28 21:03 | 就活人の仕事論

30周年らしいですね。

Liberty高校もいよいよ30周年を迎えるらしいですね。先日、私のところにも「記念誌をつくるので、何か書いてください」という依頼が来ました。「あの頃はよかったな~」的な文章を書くのもどうかと思いながら少し悩んでいます。君たちも30年の歴史の中の3年間をあの場所で過ごしてきたわけですから、良き時代を思い出すのも悪くはありません。合唱祭も5月には見にいきました。「鬼の角」っていうフレーズの歌が相変わらず歌われていました(これが大賞でした)。伝統っていうのはいい意味での繰り返しって部分があるのでしょうね。ちなみに制服が変わったのですね。一昨年から「芋ネクタイ」はとうとう廃止されたのです。継承すべき伝統と、捨て去るべき伝統と、まあ両面の伝統があるわけです。ともかく、Liberty高校は「生徒の良さ」でもっているというのが事実なのですから、これからどのような新しい伝統が作られるのかは、君たちに続く世代の活躍次第ということになるでしょうね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-27 21:48 | Liberty高校関係
多忙な日々が続き、気分的に滅入ってくると「癒し」がほしくなりますよね。私は愛犬と触れあえば、即・癒し効果が得られるので安上がりでいいのですが、世の中には「癒し」を商売にしている様々な人が存在します。実はこれらの多くは「いかがわしい商売」である可能性が高いと考えておく方がいいでしょう。スピリチュアルなんていうのも、娯楽としては結構ですが、真剣に霊界と通信したり、守護霊を知ってどうこうしようってことになると危ない話になってきますね。「倫理」的には、新宗教や新宗教まがいの商売は、はっきり言って否定されるべきものです。「本人が癒されたり、満足感を得られるならいいのでは」という考え方にも素直にうなずくわけにはいきません。必ず法外な金銭的負担や友人知人への勧誘行為がはじまる場合がほとんどだからです。新宗教やスピリチュアルは、「倫理」で扱っている伝統宗教とは全く別物のジャンル(商売)です。こうしたジャンルにもし興味がある場合、少なくとも、苫米地英人著「スピリチュアリズム」か、桜井義秀「霊と金ースピリチュアルビジネスの構造」のどちらかを読んで考えてほしいものです。仕事を離れて癒しが欲しくなる現代人は数多いので、こうした商売が成り立ってしまう、なんとも困ったお話です。
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-26 21:25 | 倫理的な仕事論

お久しぶりです。

約1ヶ月半ぶりに更新します(気にしていてくれた人もいるようなので)。この休止期間は本当に仕事人間になりきって働いていました。平均14時間労働という状況にあって、毎日ヘロヘロになってしまいそうなものですが、意外にも仕事が終わって帰るときには充実感につつまれてウキウキしてしまったり、仕事場のパソコンに向かいながら意識が集中してアドレナリンが体内をめぐるのが感じられたりしていました。いわゆるワーカホリックの状態ってこんな感じなのでしょうね。ランナーズハイならぬワーカーズハイというわけです。人間、集中して物事に取り組むと、時間を忘れたり現実からトリップしたりしてしまうことがありますが、これが常時続いたままだと少々危なくなるわけですね。実際、日中の体温が平常よりも高い状態がしばらく続いていましたから。とりあえず私は1ヶ月半で何とか平常の生活に戻れたので、まあよしとしておきましょう。ONとOFFのバランス崩れると黄信号というわけです。自分自身では気付かないってことがありますから、身近な人に指摘してもらえるかどうかが極めて重要でしょうね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-06-25 23:21 | わたしの仕事論

日本三奇橋を行く

b0163712_21323276.jpg今日は、夕方涼しくなってから、大月市の猿橋というところへ散歩に行ってきました。私も初めて知りましたが、安藤広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにも描かれたという猿橋は、「岩国の錦帯橋」「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋のひとつなんだということです。「日本三大〇〇」とかいうと、何かと怪しい雰囲気がありますが、猿橋という名前自体が奇妙ですよね。橋はたしかにヘンテコな形をしていて、橋げたが入り組んだ木組みになっている点に奇橋らしさが感じられます。それでも、ここを目当てで訪れる観光客はあまりいないだろうというのが正直な感想です。よほど暇がある人、またはドライブで付近を通過する人は、消極的に行ってみてください。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-10 21:44 | プライベート

真っ赤なポスト

b0163712_21192420.jpg今日は半日かけてペンキを塗りました。というのも、家のポストが少々くたびれてくすんだ色合いになってしまったので、思い切って真っ赤に塗りなおしてみたのです。ハケを使って、色ムラができないように慎重かつ滑らかな動きを意識して、一心不乱にペンキを塗っていると、ある意味「恍惚感」を得てしまいました(ペンキの臭いでラリッたわけではありません)。こうした単純作業に無心になって打ち込むというのは、座禅を組むとか、瞑想をするとか、そうした行為に案外近いものがあるのだなと感じましたね。昔、イギリスの首相だったチャーチルという人は、週末になると「レンガを積む」のが最高の趣味でありかつ気分転換であったという話です。要は、頭を空っぽにする、空っぽにできる瞬間をもつということが重要なんだと思いますね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-09 22:17 | わたしの仕事論

子供の遊びと大人の仕事

子供のころ、近所の仲間と毎日のように野球やサッカーをして遊んだり、テレビを見ながらおやつを一緒に食べたりして楽しんでいた記憶が今も鮮明に残っています。実は、これって仕事にも通じるお話だなーと最近ふと考えるようになりました。職場では上司や仲間と様々なテーマごとに共同で仕事を進めていきます。円滑なコミュニケーションのためには会食や飲み会も時には有益な手段です。つまり、考えようによっては、多くの仕事は子供時代の遊びを少々進化させたようなものでしかないとは思いませんか。もっと気楽に仕事を考えることで、自分らしくマイペースの仕事ができるとも思います。もちろん能力主義や業績評価が徹底され、常に周囲にピリピリとしたムードを漂わせて仕事に取り組まなければならないという職場もあるでしょう。しかし、長い目で見ると、そのような職場や企業はうまくいかないような気がします。社員間の競争をあおるよりは、社員相互の刺激を高めた方がいいだろうし、個人の実績ばかりをアピールしまくる雰囲気よりは、チーム全体の実績を共有する方が数倍居心地のいい職場になるでしょう。理想論かもしれませんが、そんな仕事や職場を実現したいものです。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-08 20:57 | わたしの仕事論

個人競技と団体競技

中学・高校の部活動でも、個人競技と団体競技ではずいぶんと性質が異なりますね。個人競技は最終的に自分自身の技術と精神力が勝負を決めてしまうのに対して、団体競技は選手個々の動きが連動しながら最終的にチームとしての勝敗が決するということになります。個人競技では100%個人が責任を負うのに対して、団体競技は常に集団責任の世界とも言えるでしょう。何が言いたいかというと、一般に多くの企業は集団競技的な要素が極めて強いということです。1人の選手が勝手な個人プレーに走ったり、補欠選手がレギュラー選手のサポートを行わなかったりすることが許されないのと同様に、独断的な判断で仕事を進めてしまうような社員や、先輩社員をサポートする補助業務を嫌がる新入社員などは当然許されないわけです。つまり、集団競技にうまく適応するためのいくつかの要素が、就活人にとって必要とされる素養でもあるわけです。体育会系のノリでいけ!とは言いませんが、野球選手やサッカー選手のつもりでいけ!とは言えるでしょうね。ちなみに個人競技にしか魅力を感じない人は、スペシャリスト的な仕事か、個人事業という方向性を考えた方がいいかもしれません。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-07 23:40 | 就活人の仕事論

『心理学化する社会』

斎藤環『心理学化する社会』はなかなか興味深い本です。倫理の授業でも、一番生徒からの反響が多いのが心理学的な分野なのですが、無意識とかトラウマとかPTSDとか、心理学用語が一般に定着すればするほど、心の病を訴える人がますます増えていくというジレンマって現実にあるのです。この本では、ハリウッド映画からJポップに至るまで、様々なメディアが発する心理学的なストーリーが、人々の「こころ」にどう作用しているのかが解きほぐされています。社会が複雑になり、人間関係が多様化すれば、当然私たちの日常にも不安や悩みが増幅していくはずです。このとき、「不安や悩みの正体を明らかにしてくれる学問」という期待を背負って登場してきたのが心理学です。実際、心理学によって明らかになってきた心の働きや心の領域ってあるわけですが、心理学がすべての人の心を説明し尽くすなんてありえません。「トラウマが100%病の原因」などという乱暴な話もありえません。心理学を学ぶ人は、くれぐれも心理学万能主義者になってはいけないと思います。倫理の授業でもこうした誤解を招いてはいけませんね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-06 08:55 | 倫理的な仕事論

「弱い絆」の人間関係

『無趣味のすすめ』にこんな話が出ていました。人間関係には、血縁や地縁などが深くかかわる「強い絆」で結ばれた関係と、年に1度か数度会う程度の広く浅い「弱い絆」で結ばれた人間関係の2つがある。アメリカでの調査では、所得の低い層ほど「強い絆」に依存し、高所得者層ほど「弱い絆」を多くもっているという話です。現代の私たちは、「人間関係が希薄だ」とか、「表面的なつきあいしかできない」とか不満げに言ったりしますが、実はこうした「弱い絆」の人間関係ってもっと肯定的にとらえるべきなのかもしれません。家族や親戚に囲まれて、何事もべったりの関係ってどうでしょうか。私にはちょっと耐えられないような気がします。他者との程よい距離感って、確かに難しい部分もありますが、互いに信頼できる相手と、年に1度でも話ができるというだけで、何か気持ちに張りやゆとりが生まれるようなことって確かにありますね。学生時代の同窓生や、田舎の旧友はもちろん、その紹介やちょっとした縁で生じる多くの「弱い絆」、こうしたゆるやかな人間関係も大切にしていきたいものですね。
[PR]
# by liberty136 | 2009-05-05 10:47 | 誰かの仕事論